木俣 時子  自己紹介

4歳よりピアノを習い始め 国立音楽大学声楽科に進む。
卒業後、二期会オペラスタジオ、中村邦男氏主宰『オペラプロフェショナルアカデミー』にて声楽、音楽、演技について研鑽を積む。
声楽の個人指導をライフワークとし、小学校合唱団や高齢者施設でも講師を務める。
子育てが一段落した頃、世界三大ボディワークの一つである”アレクサンダー・テクニーク”を3年間かけて学び、教師資格取得。
身体のしくみと在り方、身体と切り離しては考えられない 心の在り方、また姿勢や考え方の癖 等を深く学ぶ。
その後 それらを融合させた指導をすると 多くの方から
「楽です!」「ネガティブ思考が改善されてきました!」
「自己受容が出来てきました」等の感想を頂き、手応えを得たため 音楽から人生へと意識を広げる。
息・声・体 という視点からあなたが楽になる「楽楽ボイス」を設立。心と身体 両方からのアプローチで、”楽”になることを探求し
”楽 になることで 誰もが 自信と幸せを得ることが出来る
をモットーに活動中。